スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結城 染色の見学編

こんにちは、さほどマシュマロは好きではないタカオでございます。


ご無沙汰の更新で恐縮ですが、先日、結城紬の染色の見学に行って参りました!!

場所は 茨城県工業技術センター繊維工業指導所

kng-01.jpg

快晴ですよ!!

kng-02.jpg

ここで 結城紬の織り子ユニット・rico のメンバー・T女史 が緯糸を染めると言うのです。是非にとお願いして、特別に見学させて頂きました。

おや?建物内にはこんなパネルが・・・

kng-03.jpg

さすが県の設備だけあって、まるで研究所のような雰囲気。でも普通の研究所にはお釜は置いてません・・・しかもタブル・・・ゴハンとオカズが同時に作れる!!

kng-04.jpg

これから染める緯糸。経糸はすでに何色にも染め分けてありました。グリーン系のステキな縞の結城紬になるそうです。

kng-05.jpg

いきなり染色液に浸けるのではなく、下準備として糸をお湯で煮ます。
なぜだろうお素麺が食べたくなってきた・・・

kng-06.jpg

左から、
動物迷彩染料薬品①薬品②

kng-07.jpg

ちなみにコレは理系の職場に必ずあるもの。
これで鼻をかむことはオススメしません。ダメ、ゼッタイ!!

kng-08.jpg

そんな事を言ってる間に、T女史が手際よく糸を絞っています。長靴がゼブラ。そして白衣。この作業場はほぼ外と同じ気温なので、かなり着こまないと寒くて作業できません、隊長ッ!!

kng-09.jpg

糸が煮えたら、隣のお釜で染色液の用意。

kng-11.jpg

お素麺 糸が緑色になってきました!!

kng-13.jpg

常に温度を確認しています。

kng-15.jpg

温度を上げながら、何回か染めるそうです。温度を上げている間は糸を休ませます。
タオルがドクロですね。

kng-16.jpg

最後には30分ほどぐつぐつ煮ます。かなり濃い色になってきました。

kng-17.jpg

その間、T女史はお釜を洗ったり、糸を入れ替えたりとなかなか忙しそうです。

kng-18.jpg

ワタクシはヒマなので、イヴァラキ県のマークを見つけたり、

kng-19.jpg

黒板にキノコを落書きしたりしていました。

kng-20.jpg

そんなこんなで30分。湯気もわもわ。

kng-21.jpg

苔色って言うのでしょうか?ほっこりしたグリーンになりました!!(この染色液は絹糸しか染まらないので、木綿糸は白いままになっています。)

kng-22.jpg


染色の見学の後は、研修生の皆さまの作業を見学させて頂きました。この指導所では結城紬の機織りの研修もしているのです。

無地に見えますが、細かい格子なんです!

kng-24.jpg

こちらは糸あげ。寒い時期は日当たりのよい場所でやるそうです。猫みたい(笑)

kng-25.jpg

糸が浮かないように、おはじきや豆を重しにしていました。途中で糸が切れたら、その切れた糸の先を探すのが大変だそうです・・・

kng-26.jpg

こちらも研修生の方が織っているもの。モダンな配色!

kng-27.jpg


普段なかなか目にする事のできない作業を見せて頂き、T女史と研修生の皆さまに感謝です!!



ではでは、次回は結城グルメ編に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ☆
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。